株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

すべてをしなくてもよいという許可を自分に与える

心が休まり、前向きになり、希望の持てるようになるためのガイド。

 

すべてはやらないことで、むしろできることが増えていく。

すべてのこと。すべてを一度に。

現場の作業者の場合、複雑な一連の感情が日々沸き起こってきます。
    自分の作業について誇りに感じることもあれば、福祉について心配になることもあります。
    将来について楽観的になることもあれば、現在について心配になることもあります。
    自分のすべてを患者に捧げることもできれば、多すぎると感じることもあります。

他人のために尽くしてさまさまなことをしているあなたは、しなくてもよいという許可を自分に与える必要があります。以下のリストをインスピレーションとして利用して、感じるための時間を確保するためには何を止めることができるだろうか、と考えてみてください。

日々行うべきではないこと

  1. 家でゴロゴロしない (あなたは十分に良い結果をもたらしています)
  2. 悲しい感情をため込まない
  3. ルーチンを行うことで心の平安がもたらされる場合を除き、ルーチンを無理に厳格に行う必要はない
  4. 必要なときには支援を求めることを恐れない
  5. 自分自身の生活の大部分を楽しむことについて罪責感を感じてはならない
  6. 気が進まないときは、無理に社交的になる必要はない
  7. 自分の失敗について、くよくよ考え込まない
  8. 笑うことを忘れない
  9. 耳を傾けることを忘れない
  10. 息をすることを忘れない

 

 


セルフケアに関するこれらのヒントは、Bridget Chambers 氏のご協力を得て掲載しています。同氏は積極性、自己認識および私たちの中にある善良さに集中的に取り組んでいるプロの人生アドバイザーです。