株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

自宅待機をしながら、人とつながった状態を保つ。

個人的関係と個人的空間を維持する方法。

 

いつでもみんな一緒。

健康危機により自宅待機を余儀なくされた場合、一日中パートナーと一緒にいることは、快適さとストレスの源となることがあります。

一部の人にとっては、在宅勤務は珍しくないかもしれませんが、今、パートナーが在宅勤務をしていたり、子供が自宅で教育を受けているという人は多いでしょう。大半の人々は、同じ空間でパートナーと一日中過ごすということに慣れていないため、慣れるには時間を要することが予測されます。

自宅待機のサバイバル ガイド:

とことん話す
お互いにイライラする状況になる前に、まず困難を予想して話し合いましょう。力を合わせて一緒に冷静に解決策を探せば、ずっと簡単です

スペースをつくる
あなた方の少なくとも 1 人がスペースを必要とする可能性があります。別々に屋外で運動するのはどうでしょう。散歩が 2 回できて、犬も喜ぶかもしれません

怒りを認める
緊張が高まったら、反応するのをやめて、単にその状況から身を遠ざけてみてください。タイミングを見て、後で冷静に批判せずに、何があったのかを話し合ってください。

毎日のまとめ
毎日一定の時間を設けて、何が機能して、何が機能していないかを話し合います。非難を避け、ユーモアをもって、親切に感謝の意を表します。今までにも増して、自分が健康でいられることをありがたく思うことが必要です。

愛情行為の時間を設ける
どちらも病気ではなく、完全に自己隔離を実行している場合、楽しい愛情行為の時間を設けるようにします。

 


セルフケアに関するこれらのヒントを教えてくださったのは、Sue Lennon 氏です。同氏は評判の良い看護師、セラピスト、教育者、およびコーチで、泌尿器科学とストーマ ケアを含む腫瘍看護学の分野で約 30 年に及ぶ経験を持っています。同氏は、看護師と患者の間のコミュニケーションと、「疾患に関する生きた経験」の理解に情熱を燃やしていますが、その目的は真の全人的ケアを提供することであり、国際的なワークショップや会議で頻繁に講演者として活躍しています。