株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

心配のない健康

人生をより良いものにするために毎日実践できる方法。

 

幸せな日々を過ごすための 3 つの方法。

ストレスのレベルが高いときは、つながりを保ち、最新情報を把握しておくことが役に立ちます。現在の世界的な健康危機は、私たちの日常の活動が中断したことを意味します。私たちは、順応するために努力する中で、自分が制御できることに集中し、3 通りの方法で幸せな日々を送ることを選択することができます。

寛容な心を保つ
医師や医療専門家と話すために現在推奨される方法はテレヘルス (遠隔医療) でしょう。患者と医療スタッフの安全のため、来院する代わりに、電話またはビデオにより医師と相談するよう求められることがあります。これらの方法を試すことを検討してください。

黙って苦しまないこと
肉体的または精神的に気分や体調が優れない場合は、医師に相談することが必要です。COVID-19 の兆候がないために重要ではないと思うからといって、症状を無視してはなりません。医療専門家が必要だと思われる場合は、すぐに電話してください。

製品を責任をもって注文する
これまでどおり、供給レベルは注意して監視してください。過剰注文をしがちですが、その必要はないため、避けてください。製品の要件は満たされます。懸念がある場合は、カスタマー サービスにお問い合わせください。これは私たち全員が背負う問題であるため、お互いに必要なものだけを注文しましょう。

 


セルフケアに関するこれらのヒントを教えてくださったのは、Sue Lennon 氏です。同氏は評判の良い看護師、セラピスト、教育者、およびコーチで、泌尿器科学とストーマ ケアを含む腫瘍看護学の分野で約 30 年に及ぶ経験を持っています。同氏は、看護師と患者の間のコミュニケーションと、「疾患に関する生きた経験」の理解に情熱を燃やしていますが、その目的は真の全人的ケアを提供することであり、国際的なワークショップや会議で頻繁に講演者として活躍しています。