TEWL に対する治験 | ホリスター

株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

セラプラス 皮膚保護剤は、セラミドを配合していない皮膚保護剤と比較して皮膚への影響が大幅に少ない1

セラプラス 皮膚保護剤*は、セラミドを配合していない皮膚保護剤と比較して、経表皮水分蒸散量 (TEWL) と皮膚刺激を最小限に抑えることが実証されています。1

* リモイス技術使用

面板を剥がす時に一緒に剥がれているものがあります。

面板を剥がすとき、皮膚の最外層の細胞も一緒に剥がれています。皮膚に対するこのようなダメージによって、皮膚の内部から多くの水分が失われます。それにより失われる水分量を経表皮水分蒸散量 (TEWL) と呼び、蒸散量を測定するツールを使用して評価をすることができます。TEWL 値が低いほど、皮膚の完全性が高い(バリア機能が正常)ことを示します。1-6

 
illustration-of-skin-layers-demonstrating-healthy-skin
illustration-of-unhealthy-skin-layers-caused-by-water-loss

セラプラス 皮膚保護剤は、剥離時のダメージから皮膚を保護することに対し、セラミドを配合していない皮膚保護剤よりも優れていることが実証されました1

TEWL を最小限に抑える

chart-showing-lower-water-loss-rate-of-Hollister-CeraPlus-skin-barrier-vs-competition

セラミドを配合していない皮膚保護剤と比較して、セラプラス 皮膚保護剤は TEWL の低下を 41% 防いだ。1

 

 

皮膚刺激を抑える

試験の最終日に撮影した被験者の皮膚の画像

 

セラミドを配合していない皮膚保護剤と比較して、セラプラス 皮膚保護剤は、皮膚への影響が大幅に抑えます。1

 

皮膚をダメージから守る

セラミドを配合していない皮膚保護剤と比較して、セラプラス 皮膚保護剤は、面板を繰り返し剥離することによるダメージから皮膚を保護することに優れていました。1

 

 
Chart-showing-lower-level-of-skin-denudation-using-CeraPlus-skin-barrier-compared-to-competitors-product

セラプラス 皮膚保護剤

1日目から「健康な肌」を支えます。


セラミドを配合した成分により、損傷、乾燥、そう痒を未然に防ぎます。
セラプラス 皮膚保護剤は、単品系、二品系、平面、凸面(硬性凸面)、やわらかい凸面(軟性凸面)、テープ付、テープなし(全面皮膚保護剤)など密着性の異なる製品ラインアップを揃えています。

 
 

 

image-displaying-hollister-skin-barrier-and-pouch

ADVOCATE Studyにより実証:セラプラス皮膚保護剤の使用で、ケアにかかるコストやPSC を削減

Fit(ぴたっと密着) &Formulation(こだわり成分)の両方を提供するセラプラス皮膚保護剤

Remois-Logo_50x44

*リモイスはアルケア株式会社が所有する技術です。

 

引用情報:

  1.  Grove G, Houser T. Sibbald G, Salvadalena G. Measuring epidermal effects of ostomy skin barriers. Skin Res Technol. 2019; 25:179-186. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30387538
  2.  Grove GL. Techniques for assessing the vulnerability and repair capacity of human skin in vivo.  In: Kligman AM,  Klemme JC, Susten AS, eds. Am J Ind Med. 1985; 8:483-489. 
  3. Cutting RF. Impact of adhesive surgical tape and wound dressings on the skin,  with reference to skin stripping. J Wound Care. 2008:17:157-162. 
  4.  Grove GL, Zerweck C, Houser T, Smith GE, Koski NL A randomized and controlled comparison of gentleness of two medical adhesive tapes in healthy human subjects. J Wound Ostomy Continence Nurs. 2013; 40:51-59. 
  5.  Murayama RI, Taylor MG, Oamia J, Grove GL. Preliminary studies on the relationship among peel force, quantitative measures of skin damage and subjective discomfort. Skin Res Technol. 2008:14:478-483. 
  6.  Nybaek H, Lophagen S, Karlsmark T, Bang Knudsen D. Jemec GBE.  Stratum corneum integrity as a predictor for peristomal skin problems in ostomates. Br J Dermatol. 2010; 162:357-361. 
  7.  Nichols T. Houser T, Grove G. Comparing the skin stripping effects of three ostomy skin barriers infused with ceramide, honey or aloe. J Stomal Ther Au. 2019: 39:14-18.