株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

間欠カテーテル: 詳細とその他の基礎知識

間欠カテーテルを使用して、膀胱疾患を管理している場合は、考慮すべきことがたくさんあります。ここで基礎知識を習得して、うまく対応するための準備を整えましょう。

Intermittent Catheterization - What is it and Other Basics

間欠カテーテルについて学びましょう。

医療専門家は、膀胱疾患を管理する手段として間欠カテーテルを勧める可能性があります。製品を選択する際に必要な機能をはじめ、カテーテルをより快適に使用できるようにするための基礎知識を身に付けましょう。

間欠カテーテルとは?

間欠カテーテルまたはインアウト カテーテルとは、使い捨てのカテーテルを使用して一定間隔で膀胱を空にすることです。一人でもできますが、誰かに手伝ってもらってもかまいません。

1 人でカテーテルを使用する場合は、病院やクリニック、または自宅での使用方法を医療専門家に教わることができます。女性の場合は、カテーテルを挿入しやすくするために、最初の数回はカテーテルを自分で操作する際に鏡を使う必要があるかもしれません。担当の医療専門家から、指導用の資料が渡されます。これには、ビデオや教育用小冊子、製品の使用説明書、サンプルなどが含まれています。

間欠カテーテルの使用頻度とタイミング

カテーテルの挿入が必要になる頻度は、ご自身の状態に応じて異なります。

初めのうちは、間欠カテーテルはスケジュールどおりに行います。成人の場合は、膀胱に 500 ml を超える尿が溜まらないように十分な頻度でカテーテルを挿入するのが一般的です。自力で排尿できない場合は、膀胱の尿の量を 300 ~ 500 ml 以内に抑えられるように、通常は 1 日に 4 ~ 6 回の間欠カテーテル挿入が必要になります。

最終的に、膀胱を空にする最適なタイミングが自身の経験からわかるようになります。水分摂取と排尿を記録しておくと、適切なタイミングを特定するのに役立ちます。いずれの場合も、膀胱が膨張しすぎないように十分な頻度でカテーテルを挿入してください。

間欠カテーテルの必要条件

担当の医療専門家があなたに合ったサイズのカテーテルを決定します。適切なサイズを使用することで、カテーテルを尿道にスムーズに挿入し、効率よく効果的に膀胱から排出できます。カテーテルは、尿道を傷つけずに、尿がスムーズに流れる程度に大きくなければなりません。

カテーテルを選ぶ際は、以下のことを確認してください。

  • 生体適合性 (アレルギー反応を起こさない)
  • 尿道の輪郭に合わせやすい
  • 肌に優しく、挿入と取り出しがしやすい
  • 使いやすい
  • すぐに使用できる状態であり、追加の手順や装置が必要ない
  • 「非接触型」で、感染の危険が潜在的に少ない (つまり、カテーテルをパッケージから直接挿入でき、カテーテルに触れる必要がない)

自分に合った間欠カテーテルの選択

ヘルスケア チームは、最適な間欠カテーテルを選ぶうえで非常に頼りになる存在です。不明な点がある場合や決定するうえでサポートが必要な場合はお問い合わせください。