株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

SCI を患う方が間欠カテーテルについて知っておくべきこと

脊髄損傷 (SCI) があり、医療機関からカテーテルを使用する必要があると判断された場合、製品の選択肢について知っておくべき基本事項がいくつかあります。

man-in-wheelchair-outdoors-petting-his-dog-what-you-should-know-about-catheterization-with-SCI

カテーテルの選択肢をご紹介します。

脊髄の損傷後、医療チームは、患者が定期的に自分で完全に排尿できるかどうかを判断できるようサポートします。自分で完全に排尿できない場合、カテーテルが必要になることがあります。カテーテルとは、尿を排出するために膀胱に挿入する小さな中空管です。

カテーテル挿入には 2 つの基本タイプがあります。数時間、数日、またはそれ以上の期間、膀胱に留置するカテーテルは、留置カテーテルと呼ばれます。挿入して膀胱を空にした後に取り外すカテーテルは、間欠カテーテル (IC) と呼ばれる方法です。3 つ目は男性専用となりますが、男性用外部カテーテルです。

間欠カテーテル*

膀胱が適切に空にならない場合、間欠カテーテルを使用することで、膀胱と腎臓の正常な働きを維持できます。合併症を防ぐこともできます。間欠カテーテルの挿入方法および挿入位置を理解することが重要であるため、利用者は医療専門家から説明を受けます。自分で尿道 (男性の場合はペニスの先端、女性の場合は膣口の前) に挿入し、カテーテルを操作できる必要があります。

女性の場合は自分で尿道を見ることができないため、手で触るか鏡を使用して自分でカテーテルを操作する方法を習得するのが一般的です。自分でカテーテルを挿入できない場合は、訓練を受けた介護者または家族が、間欠カテーテルに関する説明を受けてサポートすることもできます。

知っておくべき情報は他にもあります。

  • まったく排尿できない場合は、1 日に 4 ~ 6 回のカテーテル挿入が必要となる可能性がある。完全に排尿できない場合は、1 日に 1 ~ 4 回のカテーテル挿入が必要となる可能性がある。必ず、担当の医療専門家が推奨する指示に従ってください。
  • IC 用品は、ポケットやバッグに目立たずに携帯すると良い
  • カテーテルを経由して尿をトイレやしびんまたは使い捨てバッグに排出できる。一体型集尿バッグが備わっているクローズ IC システムも使用できる
  • 年齢にかかわらず、間欠カテーテルの取り扱いを習得できる
  • 間欠カテーテルには、コーティングなし、親水コーティング、非親水コーティング、潤滑済みなど、さまざまなデザインが用意されている


間欠カテーテル挿入方法の詳細については、こちらをクリックしてください

留置カテーテル

尿を排出するために膀胱にカテーテルを挿入したり取り外したりできない場合、留置カテーテルを使用する方がよい場合があります。留置カテーテルは拡張バルーンにより膀胱に留置され、持続的な尿の排出が可能になります。長期留置カテーテルは、月に一度、または医療専門家が推奨するスケジュールに従って交換します。

すべての留置カテーテルには、ドレナージ バッグが必要です。ドレナージ バッグには、レッグ バッグと大容量ドレナージ バッグの 2 種類があります。レッグバッグはズボンまたはスカートの内側に目立たないように取り付けることができ、尿はトイレに簡単に捨てることができます。大容量ドレナージ バッグは夜間に使用し、通常、ベッドのレールや枠に掛けます。

すべての留置カテーテルには合併症のリスクが伴うため、この点について担当のヘルスケア チームと話し合う必要があります。合併症には、尿路感染 (UTI)、尿道損傷、膀胱結石、血尿などが挙げられます。

男性用外部カテーテル

男性用外部カテーテルと呼ばれる種類のカテーテルもあります。ペニスからの尿漏れに悩む男性のためにデザインされています。このカテーテルはコンドームに似ており、陰茎体に装着します。装着していても服の上から目立つことがなく、レッグ バッグまたはベッドサイドのドレナージ収集機に接続できます。

あなたに最適なカテーテルとは?

どのタイプのカテーテルを使用するべきか迷うかもしれません。最も重要なのは、各種のカテーテルが、利用者固有の損傷、環境、およびニーズに応じて膀胱の症状を管理しやすくなるようにデザインされていることを理解することです。担当の医療チームが、最適なカテーテルの選択肢を絞り込むことができるようサポートします。


*間欠カテーテルを使用する前に、使用目的、禁忌、警告、事前注意、および取扱説明に関する詳細について、必ず使用説明書をお読みください。