株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

カテーテル法に関するよくある心配と対処法

旅行のときはどうしたらよいかなど、カテーテルに関してご質問やご心配はありますか? いくつかの一般的な問題とその解決法のヒントを見ていきましょう。 

close-up-of-man-with-pet-bird-on-shoulder-top-catheterization-concerns-and-what-to-do-about-them

カテーテルに関する一般的な問題の解決法について学びましょう。

カテーテルを使用して膀胱疾患の症状に対応する場合、問題がいくつか発生する可能性があります。一般的な問題と可能性のある解決法をいくつか知っておくと役立つ可能性があります。

尿路感染 (UTI)

尿路感染 (UTI) の徴候がないか常に観察し、徴候があった場合はすぐにかかりつけの医療専門家に相談することが重要です。症状としては以下が挙げられます。

  • 排尿回数の増加
  • 通常の排尿またはカテーテル挿入の間の尿漏れ
  • 筋痙縮の増加 (脊髄損傷がある場合)
  • 発熱
  • 背部痛
  • 乳白色尿、混濁尿、または濃い色の尿
  • 悪臭を伴う尿


摂取する必要がある水分量

カテーテルの使用に際し、どのくらいの水分量を摂取する必要があるのか心配になることでしょう。一般に、成人は 1 日にコップ 8 ~ 10 杯の水分を摂ることが推奨されていますが、人によって異なる場合があります。膀胱に悪影響があると気づいた場合は、カフェイン入り飲料の摂取を減らすことを検討しましょう。また、アルコールを摂取すると、通常時より頻繁に膀胱が充満する可能性があります。

カテーテルを膀胱に挿入する際の問題

通常、カテーテルを挿入できない場合の原因は括約筋の痙縮です。ここでは、役に立つヒントをいくつかご紹介します。

  • リラックスして、深呼吸または咳払いをしてみる
  • 閉じている括約筋に対してカテーテルを静かにあてる。通常は、数秒後に開きます。
  • 尿道を傷つける恐れがあるため、カテーテルを無理に挿入しない


数回試しても挿入できない場合は、かかりつけの医療機関に電話するか、救急外来を訪ねてください。医療機関では、利用者に合った特殊なカテーテルを提供しています。この問題が頻繁に発生する場合は、曲がり形状またはクードチップ/チーマン型のカテーテルの使用が必要になることがあります。

夜間にカテーテルを使用すると、尿の量が多い

日中座っているとき、水分は足にたまります。皆さんも、自分の足や足首が浮腫んでいることに気が付くことがあるかと思います。夜間に横になっているときは、この水分がすべて血流に入り、腎臓で濾過され、膀胱に送られます。大量の水分を減らすには、次の方法をお試しください。

  • 日中に、1 時間ほど横になる (午後が望ましい)
  • 夜間、就寝前にカテーテルを使用する
  • 真夜中にカテーテルを使用する
  • 午後 6 時以降は水分の摂取を控える


旅行中のカテーテルの使用

残念なことに、多くの飛行機、バス、および電車には、車椅子で利用できるトイレがありません。そこで、旅行中にカテーテルを使用しやすくするためのヒントを以下にご紹介します。

  • トイレへのアクセスが問題である場合は、クローズ システム カテーテルを、膝の上でジャケット、セーター、小ぶりのブランケットなどで覆って使用する
  • 旅行中は留置カテーテルを挿入し、旅行後できる限り早く取り外すことを選ぶ人もいる
  • 飛行機で移動する場合は、持ち込み手荷物にカテーテル用品を十分に入れておく。航空会社の多くは、医療機器用の追加手荷物の持ち込みを認めています。
  • 一部の航空会社では、ファーストクラスのトイレを障害を抱える人用のトイレとして指定している。旅行を手配する際に、航空会社にご確認ください。


妊娠中のカテーテルの使用

妊娠を予測または予定している場合、妊娠中でもカテーテルを使用できるのか心配になるかもしれません。妊娠の進行に伴ってかかりつけの医療専門家からアドバイスがありますが、妊娠中は間欠カテーテル法の方が安全である可能性があります。