株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

自宅でのストーマ ケア — セルフ ヘルプ ガイド

 

ストーマ周囲皮膚の発赤、刺激、そう痒、不快感、または面板下での漏れを経験している場合、ご安心いただけるように、私たちがお力になります。

このガイドではよく起こる可能性のあるストーマケアの問題について、現在のような状況下でも自宅で解決できる方法を説明しています。 

このページの記載内容は一般的なアドバイスのみであり、医療専門家が直接提供する特別な指示の代わりとなることを目的としたものではありません。予めご了承ください。

皮膚のびらん

ストーマの周りの皮膚 は、ストーマ周囲皮膚と呼ばれます。面積は小さいかもしれませんが、正しくケアされないと、生活の質と快適さに悪影響をおよぼします。

 研究では、ストーマを造設された方 の最大 75 % の人 がストーマ周囲の皮膚トラブルを経験していることが明らかになっています。多くの場合、 痛み、そう痒、ヒリヒリする痛み、臭い、または全体的な不快感が生じる可能性があります。

密着性が不十分な面板 

ストーマ周囲皮膚の皮膚トラブルの よくある原因は、面板 が正しく密着していないことです。また、その結果としてストーマから の排泄物が面板の下から漏れ出し、それが原因で皮膚刺激が生じる可能性があります。

ストーマは手術後の最初の 6 週間で小さくなる場合があり、形とサイズは引き続き変化する可能性があります。そのため、面板 は、皮膚とストーマが重なり合う部分で密着していなければなりません。漏れを防ぐため、面板 とストーマの間で皮膚が露出していないことを確認してください。

ストーマのサイズを測定し直して  、正しいサイズの開口部にし、密着させることをお勧めします。ストーマのサイズが変化しなくなるまで測定し、問題が生じている場合や体重が変化した場合には、サイズを測り直しましょう。面板 を正しく密着させることで、皮膚が保護されます。

ストーマ の漏れに関する詳細情報は下記をご参照ください。

面板 の下での漏れ

面板 の下のストーマの排泄物の漏れは、さまざまな理由によって発生する可能性があります。ご自分の腹壁によく合う面板 をストーマ周囲皮膚に使用することで、漏れを防ぎ、刺激やストーマの排泄物による損傷から皮膚を保護することができます。ストーマ周囲皮膚の定期的なケアを忘れないでください。

体型

腹部のしわ 、瘢痕、ストーマ下のむくみ 、またはその他の腹部の輪郭の変化があった場合は、パウチ システムが正しく密着しなくなる可能性があります。ストーマの周囲をしっかりと面板で押さえる と、漏れを防ぎ、着け心地を良くすることができます。

各種製品を装着するときは、皮膚ができるだけ平らであることを確認してください。漏れの問題が解決しなかったり、皮膚刺激がある場合 は、医療専門家に相談してください。

ストーマ 下/周囲のむくみ

手術後、ストーマ部位が腫脹するのは正常です。ただし、変化がないか、気をつけることは非常に重要です。  痛み、悪心、嘔吐、不活動性、または体温の大幅な変化がある場合は、ストーマ ケア看護師または医療専門家にご相談ください。 

ストーマを造設された多くの方々 は、「傍ストーマ ヘルニア」(ストーマ傍ヘルニアともいう) を経験することがあります。これは、腹壁瘢痕ヘルニア の一種で、ストーマ近くの腹部の外側の層で発生します。これは、ストーマ周囲の隆起を形成します。ストーマ部位のヘルニアの大半は、重大な問題を引き起こすことはありません。しかし、パウチ システムに問題がある場合や副作用等 が出た場合には、医療専門家にご相談ください。

ストーマの出血

ストーマを造設された多くの方々 とって、出血は一般的ではありませんが、いくつか代表的なものをあげます。 

最もよくあるの は、ストーマに接触した後にストーマから出血することです。これは、ストーマの洗浄、清拭中  に起きる可能性があります。この状況では、出血はすぐに止まるはずです。そうならない場合は、ストーマ ケア看護師または医療専門家にご相談ください。

コロストミー(結腸のストーマ)の 便秘

コロストミー(結腸のストーマ) 造設手術を受けると、便秘になることがあります。これは、痛み止めや胃薬など、特定の薬剤が原因で起こる場合があります。その他の便秘の理由としては、食物繊維の不足や水分摂取の不足 (下記に示した脱水症状でより頻繁に発生) が挙げられます。

便秘の 場合、水分、果物、食物繊維の摂取量を増やしてください。改善が見られないか、痛み、悪心、嘔吐がある場合は、ストーマ ケア看護師または医療専門家にご相談ください。

便秘の 原因と避けるべき食物の詳細を確認するには、コロストミー(結腸のストーマ) 造設手術後のガスと便秘の対処法に関する ガイドをお読みください。

イレオストミー(回腸のストーマ): 閉塞

イレオストミー(回腸のストーマ)が正常に機能していない場合、閉塞が生じる可能性があります。

イレオストミー(回腸のストーマ)が 6 時間機能しておらず、腹部の痛みと悪心/嘔吐がある場合は、ストーマ ケア看護師または医療専門家にご相談ください。

ストーマ排液過多

1 日に 2 リットル (2,000 mL) を超える量を排液するストーマは、「排液過多」と見なされ、脱水と急性腎障害のリスクが高まります。

イレオストミー(回腸のストーマ)からの排泄物は、水ではなくペースト/かゆのような硬さのはずです。水のような排泄物が 12 時間以上続く場合は、さらに調べる必要があり、食事内容の変更を検討する必要があります。水のような排泄物が 24 時間以上続く場合は、医療専門家による介入が必要になります。

非常に水っぽい排泄物の原因としては、以下が考えられます。

  • 感染 (検体の提出を求められることがあります)
  • 閉塞
  • 一部の薬剤 (ステロイドや強い鎮痛剤など) の服用を急に停止したこと
  • 一部の薬剤 (下剤やマグネシウムなど) の服用

脱水症状

ストーマ、特にイレオストミー(回腸のストーマ)を造設すると、脱水症状になりやすくなります。水分制限を指示されていない限り、十分な水分を摂取してください。

脱水の徴候:

  • 失神しそうである 
  • めまい 
  • 頭痛
  • 喉が渇く
  • 口の中が乾く(ドライマウス)
  • 疲労感
  • 筋痙攣/脱力
  • 尿があまり/まったく出ない
  • 色が濃くて濃縮された尿

体内に水分を再度補給 する 必要がある場合は、水を飲むことが常に最善の手段となります。多くのドラッグ ストアで購入可能な特殊な補水液などの、スポーツ ドリンクが役立ちます。その日に透明または淡黄色の尿が排出されるまで、このような補水液を摂取してください。脱水の徴候を引き続き経験する場合は、医療専門家にご相談ください。

 

その他のアドバイス

ストーマ ケアに関する詳細なガイドを必要とする場合は、当社のオストミー学習センタ ーで、 多くの有益な情報を参照できます。

当社の学習センターの提供内容は一般的なアドバイスのみであり、医療専門家が直接提供する特別なガイドラインの代わりとなることを目的としたものではありません。予めご了承ください。

患者、介護者、医療専門家の皆様、Hollister の製品やサービスに関して疑問をお持ちの場合は、下記よりお気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせ

 

出典 

  1. 英国ストーマケア看護師協会 (ASCN) 推薦の『Brighton and Sussex University Hospitals NHS Trust』ガイド: https://www.bedfordshirehospitals.nhs.uk/documents/stoma-care-self-help-guide/
  2. Wound Ostomy and Continence Nurses Society: https://www.wocn.org/
  3. Peristomal Skin Assessment Guide for Clinicians: https://psag.wocn.org/