臭いとガスを最小限に抑えるヒント | ホリスター

株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

臭いとガスを最小限に抑えるヒント

ストーマ造設手術後、臭いやガスについて心配するのは当然です。臭いやガスを最小限に抑える製品や方法について詳しく見ていきましょう。

Tips for Minimizing Ostomy Odors and Gas

臭いとガスを抑える方法について学びましょう。

ストーマ造設手術後の心配の一つに、不快な臭いやガスがあります。高度なストーマ装具の技術と簡単な日常のケアで、臭いやガスを最小限に抑えることができます。

臭いについて

現在のストーマ装具には、防臭フィルムが付いています。このフィルムで、臭いをストーマ袋内に閉じ込めます。

ここでは、臭いを抑えるいくつかの方法をご紹介します。

  • 1/3 ~半分になったら、ストーマ袋を空にします。ほとんどの場合は、1 日に 1 ~ 3 回です。
  • 装具を交換するのは、朝食前が最適です。
  • 適度にストーマ袋を空にしたり交換したりすることで、漏れのリスクを減らすことができます。ストーマ袋が満杯になって膨らむことを防ぐことにもなりますも防ぎます。
  • 食事の内容も排泄物の臭いに影響します。したがって、 健康的な食事の習慣をつけてください。

 

ガスについて

結腸ストーマ造設または回腸ストーマ造設後、腸が機能し始めるとストーマ袋にガスが溜ります。ガスの量は人それぞれです。しかし、ストーマ造設以前にも多くのガスが出ていた場合は、手術後もストーマに多くのガスが溜まる傾向にあります。

ガスは食べ物が原因となる場合があります。また、空気を飲み込んだことが原因である場合もあります。炭酸飲料の飲用、喫煙、ガムを噛む、口を開けたまま食べることなどによって、飲み込む空気の量が増加します。

ガスが心配な場合は、フィルター付きのストーマ袋を使用することをおすすめします。

  • このフィルターによって、ストーマ袋からガスを排出します。臭いは排出しません。
  • ガスが溜まるのを最小限に抑えるため、ストーマ袋が風船のように膨らむことを防ぎます。
  • フィルターは固形の排泄物に最適ですが、密度が異なる排泄物にも使用できます

 

薬の服用について

薬または栄養補助食品によっては、衛生状態の保持に問題が発生することがあります。排泄物の色、臭い、硬さが変化する可能性があります。結腸ストーマ造設または回腸ストーマ造設を行った方の場合、胃薬などの処方箋以外の薬は便秘や下痢の原因となる可能性があります。薬や栄養補助食品を服用する前に、医療専門家または薬剤師にご相談ください。