ストーマ装具について知っておくべきこと | ホリスター

株式会社ホリスターの声明– COVID-19&サプライチェーンの最新情報 詳細はこちら

ストーマ装具について知っておくべきこと

ストーマ造設後に適切な装具を選択することは非常に重要です。ここでは、何を知っておくべきかについて学びましょう。

What You Need to Know about Ostomy Pouching Systems

装具の基本的なポイントについて学びます。

単品系および二品系のストーマ装具

ストーマ装具には単品系および二品系の2 種類があります。各システムには、それぞれの利点があります。

単品系装具も二品系装具も面板とストーマ袋で構成されています。面板は、ストーマの周囲皮膚へ装具を密着させる部分です。面板の役割は、皮膚を保護すること、そして装具を安定して固定させることです。ですので、適切な 面板の選択 は重要です。また、ストーマ袋は人工肛門からの排出物を収集する袋です。

パウチは人工肛門からの排出物を収集する袋です。

単品系装具:面板とストーマ袋が一体になっています。単品系装具を交換する場合、面板とストーマ袋は同時に取り外されます。単品系の利点は、一体になっているので装具の着脱の操作がシンプルなこと、またフランジが無いため、装着後のかさばりが少なく服の上からめだたないことです。また、ストーマの近くに隆起があるまたはヘルニアがある場合、単品系装具のほうが適することがあります。

二品系装具:幅広い用途で使用出来る装具です。面板とストーマ袋が分かれており、組み合わせて使います。フランジで面板とストーマ袋を組み合わせます。排泄物の破棄の際は、面板は皮膚に密着している状態で、ストーマ袋のみ簡単にフランジから取り外し行うことができます。また、たとえば、スポーツまたは性行為の際には小型のパウチに変更することもできます。

装具選択について、いくつかのポイントをご紹介します。

以下の場合、単品系装具が適切です。

以下の場合、二品系装具が適切です。

着脱の操作はシンプルな方がよい

面板は装着したまま、ストーマ袋だけ交換したい

装具をなるべく目立たせたくない

面板よりもストーマ袋を頻繁に取り替えたい

ストーマの周囲に隆起がある、またはヘルニアがある

運動や性行為の際は、異なるストーマ袋を装着したい

関節炎、視力が悪い、または他の問題があり、簡単なシステムを使用したい

頻繁に皮膚保護シートを取り換えると、人工肛門周囲の皮膚が刺激されることが心配である

費用が心配である (単品系装具は一般的に手ごろな価格)

外出先でもすぐに交換したい (使用済みのストーマ袋を簡単に取り外して新しい袋を装着できる)


開放型/尿路用と閉鎖型のストーマ袋

ストーマ袋は開放型/尿路用と閉鎖型があり、それぞれの利点があります。

開放型/尿路用:閉鎖具一体型と閉鎖具分離型があります(ストーマ袋に搭載されている閉鎖具の構造)。三分の一または半分まで排泄物がたまると空にします。一日を通して頻繁に排泄物がたまる場合は、開放型ストーマ袋を使用します。ストーマ袋を素早く空にすることが出来ます。 ウロストミーに場合、バルブ付きの尿路用ストーマ袋を使用します。(ウロストミーのストーマ袋は少し異なります。 ウロストミー用ストーマ袋の基本)。

閉鎖型ストーマ袋:ストーマ袋は簡単に取り外して破棄できます。排泄が頻繁でない場合は閉鎖型ストーマ袋を使用することが出来ます。ストーマ袋は 1 日に 1、2 回空けるだけです。閉鎖型ストーマ袋には排出口がなく、空にするには交換する必要があります。取り外して空にし、それから破棄します。

ストーマ袋には、多様な長さ、ウルトラクリア、肌色があります。柔らかいカバーのついたものもあり、快適性を増やし、目立たなくします。

正しいパウチを選択するための、決定ガイドです。

パウチの選択

状態

考慮点

排泄物は固形でガスが発生する

フィルター付きパウチ

人工肛門およびパウチの内容を見たい

クリアなパウチ

人工肛門およびパウチの内容を見たくない

肌色のパウチ

排泄が不定期 (1 日に 1、2 回)

閉鎖型パウチ

排泄が定期的 (1 日 3 回以上)

ドレイン パウチ

人工肛門ケア専門の看護師と連携します

パウチ システムに関する決定は、日常生活に影響を与えます。したがって、患者さん固有のニーズに基づいた最良の製品を選択することが重要です。人工肛門ケア専門看護師は、決定の際の貴重な資料です。